台所(流し台)のつまり - 大阪の戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター

台所(流し台)のつまり

台所(流し台)のつまり

台所(流し台)のつまり

キッチン・シンク・台所の排水トラップの中で油脂類・小さなゴミなどを捨ててしまうことによって、少しずつ、排水管内に時間と共に・雑菌・異臭などの原因になる汚れが蓄積してしまい、排水管のつまりの主な原因となります。

排水管の中で何かが一度引っかかってしまうとそこに次から次へと汚れがつまってしまい、徐々に水の流れが悪くなってしまう前兆がおこります。

その後、排水管の管閉塞(つまり)が、発生してしまうのです。

これが排水管をつまらせるメカニズムです。

定期的に排水管高圧洗浄を行わなければ、なかなか普段お使いの水量では、汚れを除去するのは困難です。

排水管のつまりを予防しておくことが環境衛生的にもとても大切です。
戸建住宅にお住まいの皆様は排水管高圧洗浄をおこなわなくてもいいと思っている、お客様をたまにお見かけしますが、

マンションなどでは必ず最低でも一年に一回は排水管高圧洗浄を管理会社が排水管高圧洗浄の業者に依頼して、高圧洗浄作業を行っております。

戸建住宅にお住まいの皆様は、排水管高圧洗浄の案内も届くことがなく、

自宅にピンポンの訪問販売業者・ポスティングチラシも怪しそうな業者が多く。家を建てたハウスビルダーなどの会社は、そんな維持管理のサービス・案内も行っていないのが現状です。

だから、ある日突然 排水管がつまってしまい、マグネットなどの水漏れ・つまりの業者に依頼して、高額請求トラブルが多く発生して最近よくニュースになっております。それは排水管の維持管理がきちんとできていないから、つまり専門の仕事が世の中にはあるのは定期的な排水管の清掃をしなくてはならないことを知らないお客様の情報不足が原因です。私たち「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」ではつまり専門ではありません!

緊急つまり専門で回っている業者は、サイト運営会社に登録している、無資格の水道屋さん風な作業員が多いと耳にします。

つまり専門の業者では、つまっている状態のトイレなどでは、ポンプなどで奥に流し込む作業を行うと思います。

ここがあらゆる資格持ったを「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」との違い!

そこが二次被害が起きるかの重要な分かれ道になってきます。

台所(流し台)のつまり

「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」では、つまりの原因によっては、ポンプで押さず、つまりの原因を逆噴射ノズルなどの特殊工具を使い、固形物を粉砕して手前にかきだす作業を行って、つまりのトラブルを解決するかの選択を行います!

また固形物を押し込んで、奥でつまると大きな損害(二次被害)が起きる可能性があります!

時間をかけて、状況を、把握し、もっともいい、作業方法で水回りのトラブル解決に導きます!それこそがプロのサービスと考えます。

少しでも、多くのお客様を適正価格ではない、高額トラブルなどからお客様の財産を守るお手伝いができればと「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」では、排水管洗浄激安 工事業者ではなく、適正な価格できちんとしたサービスを提供しておりますので、ぜひまだ排水管の高圧洗浄を依頼したことがないけど興味がある、住宅維持管理士に無料でメンテナンス方法を教えてほしい、

別の業者に依頼したけど、すぐつまって困っている。

などきちんとした施工能力を持った業者にお願いしたい、わからないから一度説明を聞いてみたいなど、ささいなことからご相談を受付ております。

ご相談だけでも大丈夫なので、お気軽にご連絡くだされば光栄に思います。

下記は排水管などの維持管理をしていくのに、維持管理の為の参考にしてみてはいかがでしょう?

厚生労働省のサイトでは、
建築物環境衛生管理基準とはで
排水の管理で定めております。

排水に関する設備の正常な機能が阻害されることにより汚水等の漏出等が生じないように、設備の補修及び掃除を行わなくてはなりません。

●排水設備の清掃を6ヶ月以内ごとに1回行う。

その他、厚生労働大臣が定める「空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係る技術上の基準」に従い、排水に関する設備の補修、掃除その他の設備の維持管理に努めなくてはなりません。

大阪の「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」では、お客様目線でコロナ対策・作業員の教育を厳しい審査で行っておりますので、ご安心してご依頼ください。
台所(流し台)のつまり
のページ