排水管の水漏れ - 大阪の戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター

排水管の水漏れ

排水管の水漏れ

排水管の水漏れ

排水管の水漏れ
排水管とは材質が主に塩化ビニール管や鋳鉄管が多く使用されています。

用途種類により強度や耐久性が異なるため、建物、使用環境に合わせて配管を選ばなくてはなりません。

誤った排水管を選択してしまうと、排水管からの水漏れにつながります。

ここが排水管、水道管の知識がある業者と無い業者で排水管の寿命が大きく変わるところになります。

よくあるポスティングチラシ、マグネットなどの格安業者に工事を依頼した後、設備の取り付け配管からの水漏れで水道メーターが回り、市役所からの漏水案内の手紙が入り、指定業者である 「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」 に問い合わせをいただき、現場に見積にいくと、配管の施工ミス、使用配管材料の選択間違い、配管に保温がされていないなど、メーカーのマニュアル通り施工すれば、ありえないミスが多発しているのが現実です。

お客様には、わかりにくいですが、プロが見ると、すぐ施工不良だとわかります。

その原因は、指定業者ではない、無資格の職人が現場に施工に来ていることが原因だと考えます。

排水管の水漏れを防ぐには、市役所・水道局の指定業者に選ばれている業者を選ぶときちんとしたスキルを持って工事してくれるので施工レベルがちがいます。

排水管の水漏れの原因には、工事業者の施工スキルが影響してきます。

排水管の勾配の不良、排水管接続部からの漏水は接着剤の不足、排水管をカットしたら一本一本丁寧に面取りを行うことで、排水管内の汚物がひっかからずスムーズに流れるようになります。

水漏れの修理業者を選ぶポイントは工事のスピードがはやい工期が短い業者は、要注意です。

工事が早い=お金の計算が上手です。手抜きの可能性

工事が遅い=お金儲けが下手、手抜きがまじめなのでできない、お客様の事を考えて、傷んでいるところも、ついでに直してしまう。

職人としてプロ意識が高いので、誇れる仕事をする。

あきらめず、妥協しない。

などが 長年職人をやって来た社長自身がおすすめする業者の選び方になります。

お客様側からのイメージでは、仕事がはやく、工期が短い業者ができると思う傾向があるみたいです。

実際はいい業者を選ぶときは、真逆の考え方をしたほうが、いい職人さん、業者さんに出会えますので、

もしもお客様自身が職人なら早く終わらせてお金儲けに走るか丁寧に時間をかけて子供に誇れる仕事を行い、長い一生のお付き合いができる環境をつくるのか、職人ならどちらがいい仕事をしてくれるか?考えてみたら答えは必然とでると思います。

排水管の水漏れ

大阪の水漏れ修理のおすすめ業者は、

ゆっくり時間をかけて丁寧の仕事を心がけている 「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」をぜひ選んでください。

水道修理の格安業者 ではなく、適正価格で丁寧な仕事をする業者を選ぶと排水管のトラブルを未然に防ぐことが可能になりますので、ぜひ 市の指定業者 水道局の指定業者にも選ばれている 「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」にお問い合わせいただければ、ご相談にのらせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

ひびの生活の中で排水管からの水漏れが起こると、水が流せなくなり生活に影響がでるだけでなく、重大な二次被害をもたらすこともあります。室内が排水管からの水漏れで濡れてしまうと排水管からの水漏れしてくる水はは汚水になるため不衛生なため、室内環境を汚染してしまいます。

生活をトラブルなく、維持管理していくには、予防法がとても大切になります。

その重要な予防方法の中で一番のおすすめが排水管高圧洗浄になります。

定期的に排水管の中をパイプクリーニングして、排水管の劣化による漏水箇所の予防、排水管ないの継ぎ目の状況、排水管内で管閉塞がおきていないか、排水管内の雑菌の除去、油脂の固着状況などを 排水管の水漏れトラブル を防ぐには、定期的な排水管高圧洗浄を行うことが大切な財産を守る、危険予知、予防活動になりますので、ぜひこのサービスをご検討いただき、排水管のメンテナンスを心がけましょう。

排水管の耐用年数は10年~15年程度なので、それを過ぎている場合は水漏れが発生していなくても、定期的に専門の水道業者に点検してもらうと良いでしょう。

「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」でも、ご連絡いただきご予約いただければ、あらゆる住宅の安心点検を予約制で行っていますので、お気軽にご相談ください。

大阪の「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」では、お客様目線でコロナ対策・作業員の教育を厳しい審査で行っておりますので、ご安心してご依頼ください。
排水管の水漏れ
のページ