トイレつまり - 大阪の戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター

トイレつまり

トイレつまり

トイレつまりの症状

トイレつまりのトラブルはその症状やその原因と状況によって対応方法が異なります。

間違えた作業をすると、被害が拡大する可能性があります!適切な業者に依頼することが、二次被害が発生して高額な費用を払わなくて助かるための解決策です。お知り合いの中に水道局指定工事店で本格的に排水管洗浄サービスを行っている会社があれば、プロからみても総合的な技術がある会社だと検討がつきますので依頼を検討してみてもいいと思いますが、

お知り合いに素晴らしい業者がいなければ、大阪の「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」にぜひお任せください。

技術とサービスには自信があります。

できる限り、困っているお客様の水まわりのトラブルをプロの技術でお助けします!

トイレのつまりの症状から原因を見極め、その原因を取り除くのには適切な作業法を選ぶことがとても重要です。

工事を依頼していただくときには、現場作業員もしくは、オペレーターにわかる範囲で原因がいつごろから・現在どんな症状なのかをお伝えしてください。

解決に向けて、特殊な道具・機材を準備して緊急出動します。

また、今後再びトイレつまりをおこなさないための予防策も大事なことですので、

プロが教える適切なメンテナンス方法を

アドバイスさせていただきます。

トイレつまり

トイレの水漏れとは

トイレの水漏れは、お客様から依頼いただく水漏れトラブルの中で、多く発生するトラブルになります。

よくある症例としましては、

①トイレのタンク内の部品の故障・劣化

②水道管とトイレタンクの接続部のゆるみ・劣化が原因の水漏れ

③便器の破損・配管の破損

④ウォッシュレットの故障

⑤排水管のつまりによる床と便器の隙間からの水漏れ

⑥便器のつまりによる水のあふれ

などさまざまな水漏れのパターンがありますが、いざトイレが水漏れして原因がわからないと不安になってしまいますが、業者に修理を依頼するためにもまず落ち着いてパニックにならず、今起きている状態を把握し、二次被害をおこさないためにも、トイレの水漏れによる、漏れている水が電気設備・器具に接触して漏電・感電の危険性がないか、水道の止水栓を閉めて業者を待つなどの早期の対応が必要になります。

まず慌てて、水道の止水栓を閉めるときは、ガス給湯器などの空焚きに注意してください。

水道メーター止水栓を閉めると家の敷地内の水道は使用できませんので、水を利用するガス機器などの使用もできません。

そのことを理解した上で対処するようにしましょう。

どうしたらわからないときは、サイト名までご連絡くだされば、どう対処したほうがいいのか、アドバイスさせていただきます。

慌てずまずはご連絡ください。

大切な財産をいっしょに守るお手伝いをさせていただけたら光栄に思います。

ぜひ、ご連絡をお待ちしております。

戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター 一同

大阪の「戸建て排水管高圧洗浄サービスセンター」では、お客様目線でコロナ対策・作業員の教育を厳しい審査で行っておりますので、ご安心してご依頼ください。
トイレつまり
のページ